野菜の保存方法、消費期限

野菜の保存方法、消費期限記事一覧

アスパラガスの消費期限と保存方法

煮物や炒め物で役立つアスパラガス。ベーコンや豚肉でアスパラを巻いて焼くととても美味しいですよね。焼きとり屋さんでも見かける一品です。上記のやり方で、焼くのではなくフライにするという調理法もあります。それぞれで味が違うので、その日の気分に合わせて調理してみてはどうでしょう?アスパラガスの消費期限は冷蔵...

≫続きを読む

 

あわびたけの消費期限と保存方法

あわびたけのおいしさは格別です。あわびたけは、あわびのような食感がすることから、その名前がついたということです。コリコリした歯触りはまさに海のあわびのようであり、熱を加えてもその歯触り感は損なわれません。傘の部分だけでなく、足の部分も余すところなく全部おいしく食べることができます。このように大変美味...

≫続きを読む

 

えのきの消費期限と保存方法

みそ汁や鍋で使われるえのき。こりこりとした食感にクセのないきのこなので、食べやすいですよね。居酒屋や焼き鳥屋で提供されるメニューに、えのきのベーコン巻がありますよね。ただえのきをベーコンで巻いて塩コショウで味付けしただけなんですが、とても美味しいんですよね。えのきが苦手でも回りのベーコンが好きであれ...

≫続きを読む

 

えりんぎの消費期限と保存方法

炒め物でよく使われるえりんぎ。きのこの中でもあまり味にクセがないので、食べやすいきのこでもあります。クセがないことからどんな味付けでも合いますが、大体の人は塩コショウで炒めますよね。でもえりんぎにはバターとも相性が良いです。熱したフライパンにバターを入れて馴染ませ、そこにえりんぎと人参やタマネギを入...

≫続きを読む

 

オクラの保存方法と消費期限

サラダでよく使う野菜であるオクラ。ネバネバしていて、カリカリの食感が味わえます。納豆や山芋などのネバネバがダメな人は、オクラもダメかもしれませんがそんな人は、オクラをベーコンやお肉に巻いて食べてみませんか?やり方は簡単。オクラを一口サイズに切り、それをベーコンか肉で巻いて焼くだけです。味付けで塩こし...

≫続きを読む

 

かいわれ大根の消費期限と保存方法

サラダやパスタなど洋食で使われることが多いかいわれ大根。そのまま食べると少し辛いですが、ドレッシングなどの味付けがあると美味しく食べることができる野菜です。スープに入れても美味しいですよ。しかしどんなスープにも合うわけではありません。鶏がらスープなどのあっさり系の味付けであればよく合います。他にもか...

≫続きを読む

 

カブの消費期限と保存方法

煮物や漬物、炒め物で役に立つかぶ。かぶはほとんどのものが食べられるって知ってましたか?葉もそうですが、皮も食べられるんです。葉は漬物に、皮は炒め物に使用できますよ。ただ皮は火の通りが早いので、炒め物の時は後の段階でフライパンに投入しましょう。かぶの消費期限は短めです。かぶは水分が多いので傷みやすく、...

≫続きを読む

 

かぼちゃの保存方法と消費期限

煮物やスープなどに使われるかぼちゃ。野菜の中でも甘い部類に入るかぼちゃは、苦手だという人も少なくありません。好きな人は煮物を食べることができますが、嫌いな人はかぼちゃのスープを飲んでみてはどうでしょう?スープを作る際に牛乳や塩コショウで味付けすれば、かぼちゃ本来の味は薄れますし色も多少変わります。旦...

≫続きを読む

 

カリフラワーの消費期限と保存方法

炒め物や和え物に使えるカリフラワー。特にクセもないので、どんな味付けにも対応できる野菜です。ただ見た目が真っ白なので、あまり美味しそうに見えないのが難点。そんな人はカレー粉などで味付けしてみてはどうでしょう?エビやお肉と一緒に炒めればおかずにもなりますし、お酒のおつまみにもなりますよ。ちょっと手の込...

≫続きを読む

 

かんしょ(さつまいも)の保存方法と消費期限

かんしょという野菜を聞いたことがありますか?これはさつまいもの別の呼ばれ方なんです。かんしょは煮物やカレーで使えますが、他にもおやつとして使えます。沖縄で有名なかんしょの揚げ団子というものをご存知ですか?かんしょを茹でて柔らかくし、ほぐしたら団子のように丸めて油で揚げるだけ。揚げたら砂糖をふりかけて...

≫続きを読む

 

キャベツの消費期限と保存方法

野菜炒め・みそ汁・サラダなど様々なジャンルで活躍するキャベツ。何にでも使えて、味もクセがないのでどのご家庭でもよく使用する野菜ではないでしょうか。焼き肉屋でもキャベツは大活躍ですね。お酒のつまみとして、ざっくり切ったキャベツに専用のタレをかけたものを見かけませんか?お酒を飲まない人でも美味しく食べら...

≫続きを読む

 

きゅうりの消費期限と保存方法

サラダや漬物、和え物で活躍するきゅうり。漬物では浅漬け・きゅうりのたたきなどがありますね。どちらもスーパーでは既製品もあれば、素もあります。漬物を作るのが好きという人は自分好みに味付けをして楽しめますが、面倒という人はきゅうりと素を買って楽しんでみてはどうでしょう?きゅうりの消費期限はもって一週間と...

≫続きを読む

 

グリーンピースの消費期限と保存方法

炒め物や料理の彩りに使われるグリーンピース。スクランブルエッグやチャーハンにもよく入っていますよね。豆単体では食べる気がしなくても、何かに混ざって入っているのであれば食べるという人も多いのではないでしょうか?グリーンピースの消費期限はとても短いです。生のまま冷蔵庫に入れておくと、2〜3日しか持ちませ...

≫続きを読む

 

小松菜の保存方法と消費期限

サラダやみそ汁、和え物に役立つ小松菜。小松菜のおひたしは有名ですし、好きな人も多いんじゃないでしょうか?小松菜は栄養価が高いので、炒め物にもおススメ。卵やベーコン、ハムなどと炒めてやればお子さんでも食べられる一品になります。小松菜の消費期限は冷蔵庫であれば一週間、冷凍庫であれば2〜3週間といったとこ...

≫続きを読む

 

ゴーヤの保存方法と消費期限

沖縄の有名な料理であるゴーヤチャンプルー。食べたことのない人も多くいると思いますが、「苦い」という噂はよく聞いたことがありませんか?確かにゴーヤってすごく苦いんですよね、よく苦いと言われるピーマンの比べ物にならないほど。でもゴーヤは調理前のある方法によっては苦味が消えるんです!その方法とはボイルです...

≫続きを読む

 

ごぼうの保存方法と消費期限

煮物やみそ汁など和食で活躍するごぼう。味を染み込ませればしゃきしゃきの食感、染み込ませない料理であればごぼう本来の美味しさが味わえる野菜です。芯が固い野菜なので、煮物で使う際は長時間煮込まなければなりません。なのでだし汁が沸騰したら一番に投入してしまいましょう。みそ汁で使う場合は他の具と一緒に入れて...

≫続きを読む

 

さといもの消費期限と保存方法

煮物やみそ汁に使われるさといも。少し粘り気があるので、ネバネバが嫌いな人は好きじゃないかもしれませんね。しかし味が染み込みやすい野菜でもありますので、煮物などとの相性は抜群。煮物が好きな人であれば美味しくいただける一品です。和食以外にも洋食で使うこともできます。コロッケやグラタンにも使えるので、洋食...

≫続きを読む

 

さやえんどうの消費期限と保存方法

野菜炒めや和え物などで活躍するさやえんどう。料理だけでなく、お菓子としてもこのさやえんどうが使われています。お菓子は子供でも食べやすいような味なので、さやえんどうが嫌いというお子さんにはお菓子のさやえんどうを勧めてみるのも良いですね。さやえんどうは消費期限というものが決まっていません。保存法によって...

≫続きを読む

 

さやいんげんの消費期限と保存方法

炒め物やそのままでも使えるさやいんげん。そのままで使う場合は、さやいんげんをまず茹でてドレッシングで味付けをしましょう。ごまとの相性がよく、胡麻ドレッシングがおススメです。さやいんげんの味が苦手という人は、炒め物に使いましょう。さやいんげんはどんな味付けでも基本的に合うので、自分が好きな味付けで構い...

≫続きを読む

 

しめじの消費期限と保存方法

食感の良さや旨味成分のある特徴から、お味噌汁、炒め物、炊き込みご飯に利用されるきのこ類は、一般家庭の料理にも使われています。食品スーパーでも様々な種類のきのこを購入することができます。匂いや味にクセがあるきのこも多い中、しめじはクセが少なく、様々な料理にマッチするので、スーパーでも多く置いてあるのを...

≫続きを読む

 

しその消費期限と保存方法

しその特徴はなんといってもその匂いと風味の良さにありますが、乾燥するのがとても早いため、その鮮度を保つために保存方法には工夫を必要とします。しそは切ってしまうとすぐに風味を失ってしまうため、使用するときに毎回切ったほうがよく、使用量に注意して切れば切りすぎてしまうことも少ないと思われます。そのため、...

≫続きを読む

 

じゃがいもの消費期限と保存方法

ホクホクに茹でで、塩やマヨネーズ、バターで味わったり、ポテトサラダやフライドポテト、コロッケ等、家庭でもよく食卓にのぼるじゃがいもを使ったおかずは、子供も大好きなメニューで、登場する機会も多いですね。一年を通していつでもスーパー等で購入でき、価格も他の野菜と比べ安いため、常備野菜として、まとめ買いし...

≫続きを読む

 

しいたけの保存方法と消費期限

炒め物やみそ汁、鍋でも活躍するシイタケ。きのこの中でも少し独特の味がする部類なので、苦手という人も多いですね。ですがキムチ鍋や味噌鍋などの味が濃いものに入れれば、少しは味が和らぎますよ。少し味が消えれば食べられるというのであれば、味の濃い鍋に入れてみましょう。

≫続きを読む

 

ズッキーニの消費期限と保存方法

ズッキーニは見た目はキュウリのような形ですが実はかぼちゃの仲間です。かぼちゃは完熟果でズッキーニは未熟果のためどうしても、かぼちゃのように持ちはよくなく傷みやすく日持ちはしません。消費期限は常温で1週間、冷蔵で4?5日、冷凍で2週間ぐらいが目安です。使ったものは冷蔵庫の野菜室か軽く火を通すなどを行い...

≫続きを読む

 

セルリーの葉 保存方法と消費期限

セルリーという葉をご存知ですか?物を見たことがある人ならわかると思いますが、セロリなんです。セロリと聞くと大体の人が知っていますが、苦手な人の方が多いんじゃないでしょうか。独特の匂いと苦み、とてもじゃないけど美味しいとは言えません。ですが炒め物やドレッシングをかけて食べると、苦みが和らいで美味しく感...

≫続きを読む

 

そらまめの消費期限と保存方法

煮物・天ぷら・酒のつまみ・スープなど様々な用途があるそらまめ。莢がついているものであれば、塩を味付けにして焼くという手もありますし天ぷらでも美味しいですよ。豆だけであれば塩茹でしてお酒のお供にしてもいいですし、コーンスープに入れるのも有りです。そらまめは莢に入っているか入っていないかで消費期限が決ま...

≫続きを読む

 

大根の消費期限と保存方法

サラダ・漬物・みそ汁・煮物など様々な料理で活躍する大根。サラダにする時はさっと洗ってすぐに出せるので、お手軽な野菜ですね。漬物や味噌汁、煮物の際は味が染み込むまでに多少時間がかかります。ですが染み込んでしまえばとても美味しい一品へと変わるので、根気強く味が浸透するのを待ちましょう。大根は長期保存が可...

≫続きを読む

 

タケノコの消費期限と保存方法

煮物や炊き込みご飯、炒め物に使えるタケノコ。旬の時期である春はタケノコが最も美味しい時期でもありますね。旬の時期でなくても、スーパーなどにはタケノコの水煮が置いてあるので一年中食べられる野菜でもあります。タケノコには白い塊がついていることがありますよね。この白い塊を見て、食べられるかなと思ったことは...

≫続きを読む

 

タマネギの保存方法と消費期限

炒め物や煮物、サラダと様々なジャンルで活躍するたまねぎ。何にでも使える野菜なので、買い物の際は必ず買うという人は多いのではないでしょうか?たまねぎは他の野菜に比べると消費期限は長めです。期限が過ぎても食べられることは食べられますが、見た目や匂いが以上と感じたらすぐに捨ててしまいましょう。たまねぎは一...

≫続きを読む

 

チコリーの消費期限と保存方法

チコリーは生で食べることが多い野菜です。そのため買うときから鮮度の良いものを選ぶことで保存期間が長くなります。持ったときにしまっていて、重みのあるものを選びましょう。切り口の色が茶色くなっていたり、傷んでいたりするものはそれだけ消費期限が短くなってしまいますので気を付けてください。チコリーは冷凍保存...

≫続きを読む

 

トマトの保存方法と消費期限

サラダや料理の供え物に便利なトマト。トマトには手のひらサイズのトマトとプチトマトがありますが、食卓で多く登場しているのはプチトマトの方ではないでしょうか?プチトマトは一口で食べれるものですし、あまったらお弁当にいれるという手段もあります。しかし手のひらサイズのトマトを使う人は、保存法に困ったことはあ...

≫続きを読む

 

トレビスの消費期限と保存方法

トレビスの消費期限は、10日から2週間程度を見込む事が出来ます。但し実際は収穫から手元に届くまでの輸送等を加味しなければならないので、概ね1週間程度を限度として考える事が出来ます。少しでも長持ちさせたい場合の保存方法としては、ラップできっちりとくるんで冷蔵保存する事が望まれます。この方法には、トレビ...

≫続きを読む

 

とうもろこしの消費期限と保存方法

とうもろこしは取れたての時は生で食べたほうが甘くておいしいのですが、大変鮮度が落ちるのが早く、収穫した後は、時間がたつにつれ栄養価が落ちていきます。粒皮が固くなり糖度も減ってきます。購入したら出来るだけ、その日のうちに食べましょう。缶詰のとうもろこしは消費期限が長くそのまま使えて便利なのですが、調味...

≫続きを読む

 

なすの消費期限と保存方法

煮物や天ぷら、漬物でも活躍するナス。和食だけでなく、洋食でもナスは使われています。パスタ屋さんに行くと必ずナスが使われているメニューを見かけますよね。ナス自体に味のクセがないので、何にでも合う野菜でもあります。ナスの消費期限は収穫から一週間ほどです、野菜の中でもかなり劣化の早い野菜に入ります。ナスは...

≫続きを読む

 

なめこの消費期限と保存方法

なめこには、消費期限や賞味期限の表示がありませんが、消費期限は、とても短く、3日から4日間程と言われます。ですので、購入したら早めに食べることをおすすめします。そして、期限切れの判断は消費者の自分達で行う必要があります。なめこは保存状況によって消費期限は大きく変わってきます。通常は冷蔵保存しておきま...

≫続きを読む

 

菜の花の消費期限と保存方法

菜の花は季節の野菜で、2月から4月が食べ頃です。スーパーの店頭に並ぶようになると春の到来を気付かせてくれ、嬉しくなるような野菜です。選び方選ぶ時にはつぼみがぎゅっとしまっていて、花が咲きかかってるようなものではないものを選んでください。花が咲きかかってると花に栄養を取られてしまうため、味が落ちてしま...

≫続きを読む

 

ニラの保存方法と消費期限

炒め物や餃子の具、スープなどにも使えるにら。独特の臭みがあるので、苦手という人もいると思います。しかし苦い分、栄養素がたくさん含まれています。なので苦手な人はにら玉やマーボー豆腐など、苦みが消えるメニューに挑戦してみてはどうでしょう?にら玉であれば卵を多めに入れて、本だしなどを加えれば苦みと臭みは和...

≫続きを読む

 

人参の消費期限と保存方法

炒め物やカレー・シチュー、サラダにも出てくる人参。甘い野菜なので、お子さんも喜んで食べられる野菜の一つですね。コンビニで売られている野菜スティックにも人参は入っていますよね。生の人参では少し固いので、少し茹でたものをマヨネーズにつけて食べるというものです。ちょっとしたおやつにもなりますし、お酒のお供...

≫続きを読む

 

にんにくの保存方法と消費期限

様々な料理の調味料として使われるにんにく。食べた後の口臭が気になるから食べたくないという人も多いと思いますが、にんにくが入っている料理と入っていない料理ではかなりの差があるんですよね。ラーメンや餃子やパスタにも使われますが、どれもにんにくが入っている方が美味しいものばかり。それでも口臭が気になるとい...

≫続きを読む

 

ネギの保存方法と消費期限

みそ汁・ラーメン・マーボー豆腐などの汁物の仕上げに使われるねぎ。彩りの効果もありますが、栄養も含まれているので欠かせない野菜です。長ねぎや白ねぎは炒め物にも使われますね。お肉や卵と一緒に炒めてあげれば、ねぎの苦みも和らぐので苦いものが苦手な人にもおススメの一品となります。ねぎの使用期限は保存法によっ...

≫続きを読む

 

ばれいしょの消費期限と保存方法

スーパーに行くと、「じゃがいも」と「ばれいしょ」が大体置いてありますよね。どちらも見た目は全く変わらないのに、名前が違う。この二つは別物?と思ったことはありませんか?名前は違うものの、この二つは一緒なんです。じゃあなぜ名前が別なのかというと、じゃがいもはジャカルタから来た為、ばれいしょはマレー半島か...

≫続きを読む

 

ピーナッツの消費期限と保存方法

ピーナッツはその状態により保存方法や消費期限が変わります。特に生の状態の落花生は放っておくとどんどんかたくなっていきますので、茹で落花生として食べたい場合は早目に食べるようにしましょう。そもそも市販のピーナッツは生の状態の落花生を乾燥させて、炒ることで作ったものなので、カビなどが生えてこない限り、ま...

≫続きを読む

 

ピーマンの消費期限と保存方法

野菜炒めやカレーなどで役立つピーマン。お子さんがいる家庭ではあまり出ない野菜かもしれませんね。ピーマンは保存方法によって消費期限が決まります。ただ冷蔵庫に入れておくだけでは、一週間と持ちません。ピーマンはダメになってくると、中の種が茶色くなる・表面がしわしわになる・表面の変色などの症状が出てきます。...

≫続きを読む

 

白菜の保存方法と消費期限

スープやパスタ、シチューなどに入れても美味しい白菜。コンソメスープなどに入れると、白菜の歯ごたえはなくなりますが味が染み込んでとても美味しくなります。シチューに入れる際は葉だけでなく芯も入れてしまいましょう。シチューのまろやかな味が染み込んで、白菜の別の美味しさが加わります。白菜は使用期限が特に定ま...

≫続きを読む

 

パプリカの消費期限と保存方法

パプリカは、色味を出したい時などに重宝する野菜です。更にビタミンやカロテン等の栄養素も豊富に含まれており、栄養価も高い野菜と言えます。パプリカはピーマンと同じ様に冷暗所で保管します。冷暗所は冷蔵庫の野菜室等を活用すると良いでしょう。パプリカには消費期限は定められていませんが、一般的には一週間程度で色...

≫続きを読む

 

ほうれん草の消費期限と保存方法

炒め物やおひたし、パスタにも使われるほうれん草。和食での定番と言えば、ほうれん草の胡麻和えではないでしょうか。醤油を少しかけて混ぜ合わせれば、ほうれん草に醤油と胡麻の風味が加わってとても美味しい一品に。個人的にはほうれん草とベーコンのバター炒めがおススメです。バターで味付けをすることでほうれん草が甘...

≫続きを読む

 

まいたけの消費期限と保存方法

パスタなどでよく使われるまいたけですが、その消費期限は、生鮮野菜などと同様で記載されていませんが一般的に冷蔵保存すると2〜3日くらいといわれています。期限を過ぎると、まいたけから酸っぱい匂いがしたり、水っぽくなったり、手で小房にわけるとぼろぼろしたりします。まいたけの消費期限を延ばす保存方法としては...

≫続きを読む

 

水菜の消費期限と保存方法

水菜はそもそもそんなに消費期限が長くないので、買ったらなるべく早く消費することを心がけるようにしましょう。葉が柔らかく傷みやすいので、立てて保存することがおすすめです。寝かせて保存すると茎が伸びるために、曲がるように成長し、傷む原因になります。葉が傷むと茶色く変色し、しなしなになります。傷んだところ...

≫続きを読む

 

みつばの消費期限と保存方法

みつばは、セリ科の植物で本来は山野に自生していました。本来は春に収穫されるものでしたが、現在は水耕栽培され、1年中流通しています。味も香りも最高なのは、天然もので、しゃきしゃきした歯触りと、清々しい香りが身上です。選び方は、緑色が鮮やかで、色の濃い物が上質です。鮮度が落ちるに従って、葉が黄色くなって...

≫続きを読む

 

もやしの消費期限と保存方法

お値段の安いもやしは、料理の主役にもなり、脇役としても大活躍です。品数を増やしたい時などにとっても重宝します。そのため、たくさん買い置きしたいところですが、すぐに痛みそうなので、一度にたくさんのもやしを買うのをどうしても控えてしまいます。袋入りのもやしをそのまま冷蔵庫に入れておくと、大体2〜3日しか...

≫続きを読む

 

ルッコラの消費期限と保存方法

ルッコラを保存する時は根を切らずにつけたまま保存するとよいです。ルッコラなどの葉物野菜は乾燥してしまうと使えなくなってしまうので、水分を保たせて保存するようにしましょう。ただし、あまり水分の多い環境で保存すると今度は腐敗の原因になります。消費期限を延ばすための、おすすめの保存方法はルッコラを濡れたキ...

≫続きを読む

 

レタスの消費期限と保存方法

サラダでよく使う野菜と言えばレタスですよね。シャキシャキのレタスはドレッシングとの相性が抜群。他にも炒め物やパスタなどにも使えますよ。中にはお肉をレタスで巻いて、こしょうを味付けに焼くという手もあります。大体の人はサラダに使いますが、使い道によっては新たな料理レシピを生み出せる野菜でもありますね。レ...

≫続きを読む

 

れんこんの消費期限と保存方法

れんこんの保存方法れんこんは、スーパーや八百屋さんで買ってきたら、まずパック詰めされていたら取り出して必ず少し濡らて湿らせた新聞紙等で包んでから冷蔵庫の野菜室に保管するようにしましょう。消費期限は丸ごと1本なら一週間位です。切って売られているれんこんは3〜4日程度です。れんこんは乾燥する事で痛みがど...

≫続きを読む