オクラ 保存方法 消費期限

オクラ

オクラの保存方法と消費期限

 

サラダでよく使う野菜であるオクラ。
ネバネバしていて、カリカリの食感が味わえます。

 

 

納豆や山芋などのネバネバがダメな人は、オクラもダメかもしれませんが
そんな人は、オクラをベーコンやお肉に巻いて食べてみませんか?
やり方は簡単。
オクラを一口サイズに切り、それをベーコンか肉で巻いて焼くだけです。
味付けで塩こしょうをするともっと美味しくなりますよ。
サラダで食べるよりはネバネバしないので、一度試してみてください。

おくらの保存方法

おくらの消費期限は4〜5日ほどです。
おくらは劣化してくると変色から始まります。
表面に黒い斑点のようなものが出てくるのが始まりですが、斑点が一部分であれば
その部分だけを切ってしまいましょう。

 

斑点がおくらの大部分をしめるようになってきたら捨てどきです。
食べる気にはならないと思いますが、必ず捨てましょう。

 

おくらの保存は冷凍庫か冷蔵庫で行います。

冷凍庫で行う場合は、まずおくらを固めに茹でます。

茹でたら水気を切って密封容器に入れて冷凍庫へ。
冷蔵庫で保存する場合は新聞紙かキッチンペーパーで包み、袋に入れて冷凍庫へ。
この方法ではあまり日持ちしないので、長持ちさせたいのであれば冷凍保存にしましょう。