ゴーヤ の保存方法 と消費期限

ゴーヤ

ゴーヤの保存方法と消費期限
沖縄の有名な料理であるゴーヤチャンプルー。
食べたことのない人も多くいると思いますが、「苦い」という噂はよく
聞いたことがありませんか?

 

 

確かにゴーヤってすごく苦いんですよね、よく苦いと言われるピーマンの比べ物にならないほど。
でもゴーヤは調理前のある方法によっては苦味が消えるんです!
その方法とはボイルです。

 

 

ゴーヤを食べるサイズに切って、後は熱々のお湯に入れておくだけ。
時間は特に決まっていませんが、時間が長ければ長いほど苦味は消えます。
ゴーヤは栄養価の高い野菜でもあるので、苦味を消して食べたい物ですね。

ゴーヤの消費期限と

 

ゴーヤの消費期限は一週間ほどです。
ゴーヤは劣化してくると、まずカビが生えてきます。
新鮮なゴーヤは綺麗な緑色なので、カビがあればすぐにわかると思います。
カビが生えている時点でも少し危ないのですが、中身次第ではそのカビ部分だけ取り除けば
食べることができます。
カビの次は種の変色です。
本来の種の色は茶色っぽい白です。
しかし悪くなってくるとオレンジっぽい色に変わります。
そうなると劣化が進んでいるので、もったいないですが捨ててしまいましょう。

 

ゴーヤの保存法は野菜室で行います。
ゴーヤを縦半分に切り、中のわたと種を取り除いてラップで包みます。
この方法であれば一週間は鮮度を保つことができますよ。