えのき

えのき

えのきの消費期限と保存方法

 

みそ汁や鍋で使われるえのき。
こりこりとした食感にクセのないきのこなので、食べやすいですよね。

 

 

居酒屋や焼き鳥屋で提供されるメニューに、えのきのベーコン巻がありますよね。
ただえのきをベーコンで巻いて塩コショウで味付けしただけなんですが、とても美味しいんですよね。

 

 

えのきが苦手でも回りのベーコンが好きであれば食べられる一品だと思います。
自宅でも簡単にできるメニューなので、作ってみてくださいね。

えのきの消費期限と保存方法

えのきの消費期限は保存法によって決まります。

 

 

通常であれば3日程度しか持ちませんが、保存法によっては一カ月ほど持ちます。
上手く保存しましょう。

 

 

えのきは傷み始めたら、まず変色から始まります。
変色が進んだら身がぐずぐずになってくるので、そうなったら捨てどきです。
変色だけであれば、その部分だけを捨てれば食べられますよ。

 

 

えのきの保存は冷蔵庫でしか行えません。 冷凍に向いている野菜ではないからです。
保存法は全体をラップで包んで冷蔵庫へ。保存する際は根元を切らずにそのまま保存してください。
日持ちしないので2〜3日で使い切るようにしましょう。

 

 

長期保存したい場合は、まず根元を切って密封容器に入れます。
密封容器に醤油と料理酒を少し入れて冷蔵庫に入れておけば一カ月ほど持ちます。