キャベツの消費期限と保存方法

キャベツ

キャベツの消費期限と保存方法

 

野菜炒め・みそ汁・サラダなど様々なジャンルで活躍するキャベツ。
何にでも使えて、味もクセがないのでどのご家庭でもよく使用する野菜ではないでしょうか。
焼き肉屋でもキャベツは大活躍ですね。
お酒のつまみとして、ざっくり切ったキャベツに専用のタレをかけたものを見かけませんか?
お酒を飲まない人でも美味しく食べられる一品です。

 

 

キャベツの消費期限は特に定まっていません。
保存方法によっては長持ちするし、悪ければすぐにダメになるものです。

 

キャベツの劣化はまず変色から始まります。

 

キャベツのハーフカットを買う人ならわかると思いますが、一定の時間がたつと平面が黒ずんできます。
少し黒ずんでいるぐらいなら、その黒くなった部分を切り落とせば問題はありません。
本格的にダメになってくると葉が溶け出したり悪臭がしたりするので、そうなったら
捨ててしまいましょう。

キャベツの保存方法

キャベツの保存法は、冷蔵庫または野菜室にて保存します。

 

長期保存できるかは、キャベツの水分をいかに逃がさないかです。

 

キャベツは一玉・2分の1カット・4分の1カットで売られていますよね。
キャベツは切り口から水分が逃げてしまいますので、買う時は一玉がおススメです。
使う際は半分に切ったりせずに、一枚一枚葉を剥いで使いましょう。

 

 

できれば一週間で使い切るのが一番良いのですが、一玉を使い切るには結構な日数がかかります。

 

使いきれなかった場合はキャベツの芯をくり抜き、そこに濡れた脱脂綿またはキッチンペーパーを
入れて袋に入れて冷蔵庫か野菜室へ。
そうすれば二週間は持ちますよ。