かぼちゃ 保存方法 消費期限

かぼちゃ

かぼちゃの保存方法と消費期限
煮物やスープなどに使われるかぼちゃ。
野菜の中でも甘い部類に入るかぼちゃは、苦手だという人も少なくありません。
好きな人は煮物を食べることができますが、嫌いな人はかぼちゃのスープを飲んでみては
どうでしょう?

 

スープを作る際に牛乳や塩コショウで味付けすれば、かぼちゃ本来の
味は薄れますし色も多少変わります。
旦那さんやお子さんがかぼちゃ嫌いであれば、食べられるぐらいの味に調節して作って
みましょう。

 

かぼちゃの保存方法

かぼちゃの消費期限はカットしてあるかしていないかで大きく差が出ます。

 

 

カットしてあるものは、保存法によっては一週間程度。
していないものは保存法によって2〜3か月程度持ちます。
かぼちゃは中の種から傷み始めます。
変色が始まってから数日たつと、今度は溶けだします。
切ってみると溶けている部分は必ずわかるので、溶けていたらすぐに捨ててしまいましょう。

 

 

かぼちゃのカットしてあるものの保存法は、
種とワタを取り除いてラップで包み冷蔵庫へ
乾燥すると傷みやすいので、しっかりとラップで包むようにしてください。
カットしていないものは、そのまま温度の低い暗い場所に保管しておきましょう。
上記の通り2〜3か月持ちますが、時間がたてばたつほどかぼちゃ本来の甘みがなくなっていくので
なるべく早めに食べるようにしてくださいね。