カブの消費期限と保存方法

カブ

カブの消費期限と保存方法

 

煮物や漬物、炒め物で役に立つかぶ。
かぶはほとんどのものが食べられるって知ってましたか?
葉もそうですが、皮も食べられるんです。
葉は漬物に、皮は炒め物に使用できますよ。
ただ皮は火の通りが早いので、炒め物の時は後の段階でフライパンに投入しましょう。

 

 

かぶの消費期限は短めです。

かぶは水分が多いので傷みやすく、持っても一週間程度と考えておいた方がいいでしょう。

 

 

傷めば異臭・変色などが見られるので、そんな症状が出たら捨ててしまいましょう。
ただ漬物にしてしまえば、長期保存が可能ですよ。
それが塩を使った漬物なら尚更です。

 

 

悪くなってきたら酸っぱい匂いや変色が見られるので、そこまでなったら捨てましょう。

 

カブの保存方法

カブの消費期限と保存方法

 

かぶの保存方法ですが、まず買ってきたら葉と根を切り落としましょう。
葉は根に比べて傷むスピードが速いので、切ったらすぐに漬物にしてしまいましょう。
漬物にすれば期限が伸びます。

 

 

すぐに調理できないのであれば、根・葉・本体を別々に密封容器に入れておきましょう。

 

 

冷蔵庫に入れておけば葉は約2日、根・本体は約4〜5日持ちます。

 

冷凍庫に入れる場合はそれぞれを一回に使う分ずつ切り分け、パッドに並べて凍らせます。
凍ったら密封容器に入れて冷凍庫に保存しましょう。