にんにくの消費期限は約一カ月ほどです。にんにくを長く放置すると、芽が出てきます。

にんにくの保存方法と消費期限

 

様々な料理の調味料として使われるにんにく。
食べた後の口臭が気になるから食べたくないという人も多いと
思いますが、にんにくが入っている料理と入っていない料理では
かなりの差があるんですよね。

 

 

ラーメンや餃子やパスタにも使われますが、どれもにんにくが入っている
方が美味しいものばかり。
それでも口臭が気になるという人は、食後に飴やガムを噛んで匂いを消してしまいましょう。

にんにくの消費期限は約一カ月ほどです。
にんにくを長く放置すると、芽が出てきます。
芽が出てきたら、にんにくの水分や栄養が全て芽の方に行ってしまうので
味が落ちます。
なので芽が出ていたら食べない方がいいでしょう。
にんにくは生で食べるとお腹を壊すことがあります。
生で食べるという人は少ないと思いますが、なるべく加熱してから調理しましょう。
しかし少量であればお腹を壊す心配もないので、すべて加熱する必要はありませんよ。

 

にんにくは元々が長持ちするものですが、保存場所によっては
より長持ちします。
0〜6℃の風通しの良い場所に、水を張ったタッパーに入れて置いておきましょう。
冷凍庫に保存する場合は、新聞紙に包んで冷凍庫へ。
上記の保存法で保存すると鮮度を長く保つことができます。