大根の消費期限と保存方法

大根

大根の消費期限と保存方法

 

サラダ・漬物・みそ汁・煮物など様々な料理で活躍する大根。
サラダにする時はさっと洗ってすぐに出せるので、お手軽な野菜ですね。
漬物や味噌汁、煮物の際は味が染み込むまでに多少時間がかかります。
ですが染み込んでしまえばとても美味しい一品へと変わるので、根気強く
味が浸透するのを待ちましょう。

 

 

大根は長期保存が可能な野菜です

保存法によっては何週間も持ちますので、上手に保存しましょう。

 

 

大根はダメになってくると変色し出します。
表面は変わりないのでわかりませんが、切ってみると皮の方が茶色っぽくなっていることがあります。

 

 

時間がたつと黒ずんでくるので、そうなったら捨ててしまいましょう。

大根の保存方法

大根の保存法は、冷蔵庫で行います。

 

 

一本で買った場合は葉を切り、新聞紙に包みます。
包んだらビニール袋またはポリ袋に入れて冷蔵庫へ。

 

葉も使うのであれば、一度茹でてからビニール袋に入れて冷蔵庫に入れましょう。
2分の1・4分の1を買った場合は、ラップで包んで冷蔵庫に立てて保存しましょう。

 

一本で保存した場合は一週間程度、切ってあるものの場合は4〜5日程度持ちます。

 

 

大根は栄養価の高い野菜でもありますが、冷蔵しておけば栄養価は段々なくなっていきます。
なので早めに使い切ってしまいましょう。