タケノコの消費期限と保存方法

タケノコ

タケノコの消費期限と保存方法

 

煮物や炊き込みご飯、炒め物に使えるタケノコ。
旬の時期である春はタケノコが最も美味しい時期でもありますね。
旬の時期でなくても、スーパーなどにはタケノコの水煮が置いてあるので一年中
食べられる野菜でもあります。

 

タケノコには白い塊がついていることがありますよね。
この白い塊を見て、食べられるかなと思ったことはありませんか?
この白い塊は悪いものではなく、タケノコのたんぱく質が固まったものなんです。
なので食べても害は全くないいですよ。
気持ち悪ければ洗い流せばすぐに取れるので大丈夫です。

 

タケノコの消費期限は約一週間ほどです。
保存方法によってはそれ以上持ちます。
タケノコはダメになってくると悪臭・ヌメリなどの症状が出ます。
なので調理する前に気付くと思いますが、もしも調理してしまっても口に入れれば必ず気付きます。
変な味がしたら、飲み込まずにすぐに吐き出しましょう。

タケノコの保存法

タケノコの消費期限と保存方法

 

タケノコの保存法は、茹でて真空パックに入れて冷蔵庫に入れておきましょう。

 

 

スーパーで売っているタケノコの水煮は、一度茹でてから密封されています。
そのために、一度パックしてからスーパーに並ぶまで時間がかかっても、ダメにならないのです。

 

 

ただスーパーで売られているタケノコの水煮のパックは空気や酸素を通す素材でできています。
空気や酸素を通すと鮮度が落ちるのが速くなるので、長期保存は困難です。

 

 

空気などを通さないものを使えば4〜5か月程度は持つので、そういったものを使うようにしてくださいね。