ピーマンの消費期限と保存方法

ピーマン

ピーマンの消費期限と保存方法

 

野菜炒めやカレーなどで役立つピーマン。
お子さんがいる家庭ではあまり出ない野菜かもしれませんね。

 

ピーマンは保存方法によって消費期限が決まります。
ただ冷蔵庫に入れておくだけでは、一週間と持ちません。

 

 

ピーマンはダメになってくると、中の種が茶色くなる・表面がしわしわになる・表面の変色などの症状が出てきます。

 

 

中にはカビが生えてくる場合もあるので、もしもカビが生えていたら絶対に捨ててください。
上記の変色などの段階では、多少の味落ちはあるものの食べられないことはありません。
でも良くはないので、おススメはできません。

 

ピーマンの保存方法

ピーマンの保存法は、水気を取ってビニール袋またはジップロックに入れて
冷蔵庫に入れておきましょう。

 

 

1週間程度であれば持ちます。

 

 

冷凍庫に入れる場合は、ピーマンを半分に切って中の種・わたを取り除きます。
その後水でよく洗って、水気を切ったら密封容器に入れて冷凍庫へ。

 

冷凍庫に入れて保存した場合は、使う時に解凍する必要はありません。
そのまま使ってよく火を通せば美味しく食べれますよ。

 

 

ただ、一度冷凍してあるので歯ごたえはありません。
歯ごたえを楽しみたいなら買ってすぐに調理することをおススメします。

 

買いだめと宅配