人参ほ消費期限と保存方法

人参

人参の消費期限と保存方法

 

炒め物やカレー・シチュー、サラダにも出てくる人参。
甘い野菜なので、お子さんも喜んで食べられる野菜の一つですね。
コンビニで売られている野菜スティックにも人参は入っていますよね。
生の人参では少し固いので、少し茹でたものをマヨネーズにつけて食べるというものです。
ちょっとしたおやつにもなりますし、お酒のお供にもおススメの一品です。

 

 

人参は保存法によって長く持つか持たないかが決まってきます。

 

人参は比較的長期保存に向く野菜だと言えます。

 

人参が悪くなってくると変色・腐敗という症状がおこります。
黒ずんできても、その部分を切り落とせば食べることができます。
しかし人参本来の固さがなくなっていたり、カビが生えていたりしたらその人参はもうダメです。

 

もったいないですが全部捨ててしまいましょう。

 

人参の保存方法

人参の保存方法は、冷蔵庫・冷凍庫で行います。

 

 

冷蔵庫に保存する場合は、新聞紙にくるんでビニール袋に入れて冷蔵庫または野菜室へ。

 

人参は水分がついてしまうと、そこから傷みだします。

その為、水分を吸収する新聞紙で包むのです。

 

この方法で1〜2週間は持ちます。

 

 


冷蔵庫に入れる場合
は使う用途によって切り、茹でます。
茹でたら水気を切って、ラップでくるんで冷凍庫へ。
この方法で1〜2か月ほど持ちます。