カリフラワーの消費期限と保存方法

カリフラワー

カリフラワーの消費期限と保存方法
炒め物や和え物に使えるカリフラワー。
特にクセもないので、どんな味付けにも対応できる野菜です。

 

 

ただ見た目が真っ白なので、あまり美味しそうに見えないのが難点。
そんな人はカレー粉などで味付けしてみてはどうでしょう?

 

 

エビやお肉と一緒に炒めればおかずにもなりますし、お酒のおつまみにもなりますよ。
ちょっと手の込んだおつまみを食べたい時におススメです。

カリフラワーの消費期限と保存方法

カリフラワーの消費期限は3日程度です。
冷凍庫で保存しても一週間ほどしか持たないので、長期保存に向いている野菜ではありません。

 

 

カリフラワーは傷んでくると変色から始まります。
元々の色が白いので、変色し始めるとすぐにわかると思います。
変色が一部分だけであれば、そこだけ切り落とせば使えます。
変色の次はぬめりが出てきます。 ぬめりが出たら傷みきっている証拠なので、すぐに捨てるように
してください。

 

カリフラワーの保存は冷蔵庫と冷凍庫で行います。

 

冷蔵庫で保存する場合は全体をラップで包んで冷蔵庫へ。
ただカリフラワーは傷みやすいので、できるだけ2〜3日程度で使いきりましょう。
冷凍庫で保存する場合は、まず小分けにして軽く茹でて冷凍庫へ。
この方法であれば一週間以上持ちます。
長期保存に向かない野菜なので、早めに食べるようにしましょう。